メインイメージ画像

オーディションのプロフィールは自分の良い部分を伝えましょう

芸能界に入るためには、オーディションを受ける方法を一番多くの人が行っています。そのオーディションでは、個人の個性や魅力を伝えるためにプロフィールがとても重要な役割をしています。オーディションの最初では、ほとんどの場合、書類審査があります。プロフィールの写真や自己PRなどを見て合否が決まるため、とても大切なものになります。オーディションに通るプロフィールをどうやって書けばいいのかわからないということがあります。それは、ポイントを押さえて書くことが大切です。

プロフィールを書く上で大切なポイントは2つあります。1つ目は、プロフィールは自分の顔だと思って丁寧に扱うことが大切です。書類審査で最初の1歩が決まってしまうため、本当に大切なプロフィールは、字がきれいに書くことができなくても丁寧に書くことが大切です。また、審査員は、プロフィールの字や文章を見て応募した人はどんな人なのかを想像するため、絶対に芸能界で活躍したいという熱い思いを乗せることが大切です。2つ目は、丁寧な字で書くことが大切です。プロフィールで書く項目は、名前や生年月日などの自分自身に関する情報についてのため、スムーズに書くことができます。プロフィールを書く上で一番大切なのは、自己PRの部分です。書く上で大切なのは、自己PRは自分自身のCMの役割を果たしているので読み手の審査員が読んだときにこの人材が欲しいと思わせるかどうかが大切です。テレビのCMのように短い時間で商品の良さをたくさん伝えるように、自己PRでも自分自身のよさをたくさん伝えるようにします。また、何千通の書類を審査員は読むため自分の良い部分をただ綴るのではなく簡潔に伝え、自分が一番PRしたい部分を最初に持ってくるようにします。

この書類で一番大切な自己PRは、どんなことに気をつけて書いていくことが良いのかという前に、自己PRの定義をしっかり抑える必要があります。自己PRには3つの大切なポイントを記入します。自己紹介、志望動機、自己PRです。この3つは、応募者はどんな人なのかを表すものになるため合格しやすいポイントを押さえる必要があります。審査員の印象に残って、他者との違いをアピールすることです。このポイントを押さえるために、どんなプロフィールでどんなことを自己PRで書こうかまずは考えます。考えるコツとして自分のアピールポイントをたくさん挙げることから始めます。趣味や特技、好きなこと、経験などからどんな人間なのかをたくさん挙げることが大切です。たくさん挙げた中で、最も自分がアピールできるものを選んで具体的に文章を書いていきます。書くときにダラダラ綴ってしまうと、せっかくのアピールポイントが伝わらずに台無しになってしまいます。そのために、文章の構成として結論、理由、具体的な例、まとめで書いていきます。自己PR欄は限られていて完結に伝えることが大切なので、この流れを守るようにします。また、数字に表すことができる具体例では、なるべく数字で表す方が読み手に伝わりやすいのでおすすめです。

自己PRを行うときに大切な自己分析やプロデュース能力も大切な項目とされています。最近の傾向としては、SNSで影響力があるというポイントはとてもプロフィールを書くことに有利に働いてきます。ここで大切なのはただの自慢にならずに、自分を客観視できるかどうかが大切なポイントとなっています。また、プロフィールでの最後の締めくくりでは、今後の目標や展望をかくことも忘れないようにします。どんな活動を芸能界でしていきたいか、社会にどんな影響を与える人物になりたいのかを綴ります。数字を使った具体的なビジョンを書くことで審査員に応募者は、具体的なイメージを持っているという印象を与えることができます。ここで大切なことは、謙虚な姿勢を持っている文章の中に自信があるような文章を書くことが大切です。

更新情報