メインイメージ画像

オーディションへの写真は独自の工夫が必要です

オーディションを受けるときには、必ず写真の付いた書類が必要になります。書類の中で一番目立つ写真は、どのように撮ったらよいのか、良い印象を与える写真はどんなものなのか、合格する写真とはどのようなものかといえば、背景や服装によっても印象が変わるので気をつけなければなりません。まず、写真を撮る方法は2つの方法があります。

1つ目は、自分で撮影をすることです。メリットとしては、手軽に撮影することができてお金もかからないことです。デメリットとしては、衣装やヘアメイクなどは全て自分で行わなければならないので、全て自分でチェックしなければなりません。また、写真のスタジオで撮った場合に比べて素人が撮ったものなので、画質やクオリティはスタジオと比べると劣ります。2つ目は、写真スタジオで撮影をお願いすることです。メリットとしては、プロのカメラマンが撮影してくれるため、自分の想像したイメージの写真を撮ることができて自分で撮影するよりも画質やクオリティがきれいな点です。また、衣装やヘアメイクも自分自身に似合ったものをアドバイスしてもらえるので、自分の魅力を表現しやすい写真を撮ることができます。また、レタッチという写真の修整もできてニキビやシミを隠したきれいな写真が仕上がります。デメリットとしては、プロにお願いするため料金が高く撮影に時間がかかります。また、プロのカメラマンのいるスタジオは都心に多いため、遠方の人は気軽に撮ってもらうにはとてもお金がかかります。2つの方法の中で自分に合った撮影方法を選択する必要があります。

自分で撮影するときのコツは、全身写真の場合、足の長さや腰の高さ何頭身なのかわかりやすい撮影を心がけます。背筋を伸ばしてよい姿勢を保ち、首をかしげないで無理のないポーズで撮ります。また、背景がごちゃごちゃしていると審査員が見にくいため、背景を選ぶときはスッキリした場所を選ぶことが大切です。撮影するときの服装は、大きなロゴの入っているものは避け、派手な色の服を着ないようにし、身体のラインがわかりやすい服装を着ます。撮るときは、下からのアングルで撮らずにモデルと同じ目線から平行に撮ることを心がけます。バストアップの写真を撮影するコツとしては、髪型や髪の長さがわかるように撮影をします。このときにロングヘアで下まで写らなくても全身写真で写っているため髪型の下がフレームから切れていても問題ありません。目力を意識しつつ自然な表情で撮影します。このときに笑顔を作ることが苦手な人は無理に笑って撮影しなくても歯を出さずに口角をあげて撮影するだけでも素敵な写真を撮影することができます。アイドル志望でない限り男性の笑顔は必要ありません。男性も目力を意識し男らしい表情をすることがおすすめです。ナチュラルメイクで撮影することが大切で、男性も肌をきれいに見せるために多少のメイクを施したほうがよいでしょう。撮影するときは少し高い位置から撮影することできれいに撮ることができます。

スタジオ写真を撮る人は、スタジオを選ぶときに注意が必要です。スタッフの人が親身に話を聞いてくれるかどうかです。親身になって聞いてくれるスタジオは、オーディションに合わせた衣装やヘアメイクのアドバイスも行ってくれます。撮りたいイメージがそのスタジオで撮ることができ、料金設定は明確になっているのかも大切です。写真の保管やデータの保管などの保証があるのかもスタジオを選ぶポイントで大切です。高い費用のかかるスタジオでの撮影では自分の要望や自分がよく映るスタジオを選ぶことで、オーディションに通りやすい写真を撮ることができます。写真を撮る場合は、事前にどんなイメージでどんな感じに自分が写るように撮りたいかを明確にして、その自分自身で考えたイメージにあったスタジオ選びや自分で撮影する場合には、背景や服装に気をつけて撮影を行っていく必要があります。また、オーディションのコンセプトに合わせたイメージは大切なので、情報収集をすることも大切です。

更新情報