メインイメージ画像

オーディションにむけての心構えを知っておきましょう

オーディションとは、映画やドラマの出演者や音楽の歌手など、選定を目的としたものや才能の発掘を目的としたものです。芸能界に興味を持った人や有名になりたいなと思った人が必ず耳にするオーディションですが、まずはどんなタイプがあってどんなことをするのかわかりません。

一般人がホームページを駆使して応募するもの、芸能事務所で選考するもの、SNSなどで声をかけて選考会に参加するものなどがあります。さまざまなオーディションがある中で選考中に何を行うかというと、何ができるのか役が与えられている場合、その役に合っているのか、カメラ写りを主に目的としています。また、全国規模で募集をかけた場合、書類選考があり、その後1回から2回実際に採用者と会って行われます。オーディションで受かって人生が180度変わることがありいつそのようなチャンスに出会えるかもわかりません。

演技でのオーディションの他に歌手になるための音楽のオーディションもあります。音楽のオーディションでは、ただ単に歌唱力があるというだけでは、選考には通りにくいです。同じ志を持った人が何百人ときて審査員は、丸1日歌を聞かされるので印象に残りやすい楽曲を選ぶことが大切です。具体的なポイントは、派手な曲を選ぶこと、歌いだしで自分の1番よい声が出ること、高音基調の曲、有名な曲を選ぶといった4点が大切です。この4点を守るだけで審査員の印象に残りやすくなります。また、審査員の世代に合った曲を選ぶのもよいとされています。オーディションを受けるのに自分の十八番の曲を選ぶ人が多いでしょう。若い世代の十八番は、他にオーディションを受ける人も選考しがちで審査員の人も若い世代の曲ばかり聞かされてうんざりしてくることでしょう。そこでその空気を変えるのが審査員の世代に合った曲を歌うことです。そうすることで空気が変わりさらに審査員の印象にも残りやすくなります。また、オーディションでのジャンル選びも重要です。いくら世代に合わせた曲を歌っても自分が1番よい声で歌えなければ意味がありません。自分の一番いい声で歌えるジャンルを歌うことで審査員もどのジャンルで売り出していくか想像しやすくなります。音楽のオーディションで大切なのは、審査員の立場になって考えることです。1番簡単な考え方として審査員の人を観客と捉えてその観客をいかに喜ばせることができるのかが重要になってきます。

オーディションを行う中で気をつけなければなりません。それは、オーディションを使った詐欺です。音楽でデビューするのにスカウトという方法もあります。しかし、スカウトという行為の中で詐欺をしてこようとする人もいます。スカウトでの詐欺を防ぐためには、スカウトマンに話しかけられたら名刺や連絡先を聞いてインターネットで調べて実在する事務所なのかを調べます。そして、信頼できる周りのライブハウスの関係者などに相談することが大切です。最近のスカウトの詐欺は巧妙でインターネットで表向きは堅実な事務所を装っている場合もあるため、自分が信頼できる関係者に相談することが1番の回避方法だと言えます。また、契約書や金銭の署名をその場で求められる場合がありますが、安易に署名をしないことが重要です。また、晴れて音楽デビューが決まったときに事務所でデビューにかかる費用を請求する詐欺もあります。悪質な業者だとこのような詐欺があるため、デビューでかかる費用を求められてもすぐに応じないことが必要です。CDを出す話を持ちかけてCDを作成する費用を請求されるケースもあるので注意が必要です。詐欺行為をしてくる怪しい事務所を見極めるには、金銭的なものが絡んでくるかどうかです。費用などの話を持ちかけてくるところは大体が詐欺だということを念頭において置いた方がよいです。音楽でデビューして食べていくことは難しいです。甘い言葉をかけて金銭を騙し取ろうとする人もいるため事務所を選ぶにも慎重に信頼できる大人に相談してから入ることが1番大切です。

更新情報