メインイメージ画像

オーディション合格のためには内容を把握する必要があります

オーディションを受ける方は芸能人になりたい、芸能事務所に入りたい、舞台に立ちたいなどさまざまな希望を持っていると思いますが、受けることで満足していては希望を叶えることはできません。何度もオーディションを受けているけれど最終選考まで残ることができない、という方とオーディションの最終選考によく残っている、または合格しているという方にはどのような差があるのでしょう。

オーディションで残るためには、まず審査員の目に留まらなければいけません。では審査員の目に留まるためにはどういうことが大切になってくるでしょう。まずは自分に目を向けさせる必要がありますが、その為には自己PRを審査員に向かってしっかりと行わなければなりません。映画やドラマ、舞台など俳優のオーディションであれば今までどのような役をこなしてどれくらい経験があるか、逆に経験がなければどんなことができるかなどを自己PRに盛り込んでいくのがいいでしょう。 アイドルグループや芸能事務所に所属するためのオーディションであれば、特技や趣味などで自己アピールをしてみるのもいいでしょう。審査員が自己PRに対して質問をしたくなるよう関心を持ってもらえれば印象を残すことができます。しかし大人数が受けるオーディションでは自己PRの時間は短時間で行うことが多く、その中で印象付けるのはなかなか大変な事と言えます。そこで自己PRだけでなく第一印象でしっかりと審査員に印象を残しておくことが大切になってきます。例えば、同じように興味を引く自己PRをしたとして、だらしない恰好や言葉遣いの方と清潔感があり言葉遣いや礼儀正しさのある方とでは第一印象が良い方が印象に残ります。

声優をめざすならのオーディションを受けましょう

他にもオーディションに残るために気をつけなければならないことはあるのでしょうか。まずオーディションとはどういったものかを理解しておく必要があります。オーディションとは、演技であったり歌であったり自分の力をアピールして選んでもらうことが目的の場です。その為には選んでもらう努力を重ねていかなければなりません。例えば歌手になりたいからオーディションを受けたという方は、どんな努力をしているのでしょう。歌の練習を行っている、パフォーマンスの研究を重ねるために、歌手のライブを見たりして考察したり真似ながら練習しているなど、それなりの努力はオーディションに来ている方ならしているでしょう。しかしそれだけでオーディションに残ることはできるでしょうか。実際にオーディションで選ばれるのは、音楽に必要な知識や声の出し方、自分の見せ方などさまざまな方面から努力を重ねた方ではないでしょうか。いつかは歌手になりたい、俳優になりたい、と思っているのなら、夢を見続けるだけでなく行動も伴うことでオーディションに選ばれるようになってきます。その他にも礼儀などのマナーを身に付けていることが大切になってきます。オーディションに選ばれるということは、この先その業界で仕事をしていくということにつながります。もしあいさつや言葉遣いなどがきちんとできないような人を売り出してしまえば、クライアントなどにあいさつに行っても失礼な態度を取るのではないかと選ぶ側が不安を覚えてしまうことになります。それではオーディションで選ばれるということは難しくなるでしょう。オーディションで選ばれるためには選ばれるための努力を受ける側もしっかり行っていかなければなりません。

上記のことをまとめると、オーディションに残るためには内容をしっかりと把握して自己PRを行い、内容に合った努力を怠らないことが大切になってきます。それに加えて時間や約束を守り、あいさつや言葉遣いなどのマナーや礼儀を身に付けていることが重要になってきます。 これらのことを理解し、まずはオーディションに残ることを目標に努力を重ねていきましょう。そして最終的には、参加や残ることではなく選ばれるためにオーディションを受けるようにしていきましょう。

更新情報