メインイメージ画像

声優になるためにはオーディションが必須です

声優とは、映像の作品や音声の作品に声として出演する俳優のことを言います。声優の主な仕事として、画面を見ながら、台詞を吹き込むアフレコや、事前に台詞を録音し、それに合わせて映像をつけていくプレスコなどのアニメや、海外ドラマ、海外映画の声を演じる日本語吹き替え、ナレーションなどがあります。

声優になるには高校を卒業して大学を出て突然なれるものではありません。声優の仕事は、専門的なものになるため、一般の学校を出てなれるものではないのです。声優になる方法は、主に3つあります。1つ目は、養成所に通うことです。声優の専門的な勉強ができる養成所や専門学校に通います。声優養成所に通って声優で成功する保証はないため、養成所に入っても努力は必要になります。また。声優養成所に入るためにもオーディションを受けなければなりません。2つ目は、オーディションです。このオーディションはとても稀なもので、声優をオーディションで選ぶことはあまりなく、現在は声優の事務所が主催しているオーディションがあるくらいです。3つ目は、スカウトです。舞台などをやっている俳優や役者さんにアニメ制作の関係者から声がかかる場合がありますが、これもとても稀なケースです。そのため、ほとんどの人が声優養成所に入るオーディションを受けます。

声優養成所に入るためのオーディションに受かる審査基準はどんなものなのか、養成所や審査員によっても審査基準はさまざまです。大体の審査基準にいえることは、伸び代があるかどうかです。合格する基準で大切なことは、何か光るものを持っており、技術を習得するたびに伸びる、伸び代を持っているかどうかです。声優でも演技のうまさを問われるわけではなく、演技のうまさよりも伸び代が大切にされています。それ以外にも明るい性格で声がよく出ているかも審査の対象になってきます。面接では、自己PRや質疑応答など普通の面接と同じことが聞かれます。声優養成所の面接では、多くの養成所のなかでなぜこの養成所を選んだのかを聞かれることがあります。そのときにすぐに答えられるようにしておきます。好きな声優さんの出身やテロップでよく見ていたなどでも構わないので、必ず用意しておく必要があります。養成所での生活についても聞かれることがあります。養成所に通うことについて将来を左右することになるため親御さんの承諾や学校に通いながらの場合は、両立しながら養成所に通うことができるのかの質問もされます。面接を行うときに一番大切なのはネガティブな発言や内容を言わないことを心かけます。突然の質問で慌てて答えてしまってネガティブな内容を応えてしまうことがあります。しかし、ネガティブに答えてしまうと審査員に与える印象はよくありません。面接に大切なのは、前向きに元気よくハキハキ答えることが一番大切になってきます。

声優のオーディションに応募したあとは、声優は声の仕事のために喉を大切にする必要があります。オーディションを受ける前日には、のどの不調で自分の力が出せないということがないように、前日は早めに就寝をし、加湿器をかけ部屋の乾燥を防ぎ、マスクをするなどして喉の乾燥を避けるようにします。風邪の流行る時期や風邪を引きやすい人は、寝るときに帽子をかぶることでさらに風邪予防に効果があります。オーディション当日では、早く起きることが大切です。喉の調子が出るには時間がかかり、5時間から6時間かけて喉は調子を出します。しかし、早く起きても移動などの時間で寝てしまっては意味がなくなってしまうので、寝ないように気をつけることが大切です。また、実技試験で使う台詞は当日渡されるため、台詞に目を通す場合は、漢字に振り仮名をふる、気をつけた方がよいことを書き込むことで緊張してなんと読むのか忘れてしまった場合でも大丈夫なように、些細なことでもメモをすることを忘れないようにします。

更新情報